2012年01月18日

Twitter 120101-120118


irisiomaru まだ2011年なので今の内。とにかく己の未熟さ、経験の薄さを痛感した1年でした。同時に公私共に前進した1年でもありました。上司、同僚、同じプロジェクトの方、カウンターパート、コントラクターの方々、皆様に助けていただきここまでやってこれてます。感謝するばかりです。 at 01/01 01:27


irisiomaru クリスマスにひとりぼっちは、全国津々浦々、お互い慰め合い、覇気を養い、なんだか連帯感があるけれども。正月にひとりぼっちは、なかなか同志がいなさそうで、より寂しい。正月返上作業中、無理やり今日だけは休みにしてみたが。こりゃ仕事してたほうが、よかったなあ。…よし、しよう。 at 01/01 17:22
irisiomaru クリスマスや各民族の正月や、仏教ヒンズー教キリスト教問わず宗教的祭日は休みになる、節操の無、もとい、懐の深いネパールなのに、なぜかインターナショナルニューイヤーは平日です。 at 01/01 17:26


irisiomaru カトマンズ燃料危機、既に2週間以上継続。スタンドはバイクもトラックもバスも長蛇の列。列が事務所のゲートを塞ぎ外に出るにも一苦労。ガスまで手に入らず痛い。暖房無く、寒い。料理用のガスが尽きたら、もう生きていけん。いかに己が化石燃料に頼った生活かを思い知る。状態の回復を祈るばかり。 at 01/02 17:00


irisiomaru 薄膜太陽電池の使い方。誰かやるだろうと思っていたが、こう来るか。http://t.co/feTGjH74 ipod 充電ビキニ。薄膜セルよりも防水技術のほうが大変そうだ。 at 01/03 01:22


irisiomaru こういう冷静な記事が読まれるのは良い事。信じるべきはマスコミより真っ当な機関の専門家。 RT @chaste_japan メディアの大騒ぎが作り出す原発の「危険神話」 http://t.co/BtJ0pNRb at 01/05 00:10
irisiomaru 100mSV以下の放射線の健康リスクは評価できる下限値以下なのに、依然騒がれている。地球の大部分の国の首都は、排ガス、煤塵、汚染水・汚染土壌で、100mSv近辺の放射線よりよほど癌リスクが高い。数億の人々はその中で今日も普通に生きている。日本人は贅沢で暇ですごいと思う。 at 01/05 00:19


irisiomaru 太陽光メーカーはメガソーラーに目が行き、効率を求め、200W/枚以上のモジュールを量産中。一方、ネパールはじめ電化率の低い国に必要なのは30〜70W程度の、照明・ラジオ・携帯充電用の安い小型モジュール。彼らは100円が高い。場所は沢山あるから効率は不要で、とにかく安い物が欲しい。 at 01/05 00:27
irisiomaru BOPビジネスとして、低効率低価格低出力のPVモジュールを日本のメーカーが注力してくださらないかなと思う。オフグリッド太陽光の地方電化をプロモートしても、入ってくるのがインドか中国のメーカーで信頼性が低く背面が弱いのばかりだと、あまり面白くない。 at 01/05 00:33


irisiomaru 本日のバンダ、一旦自宅待機にしたが。車は普通に走っている。カトマンズ市内も問題ない模様。午後の予定は予定通り決行。準備に奔走。こういう読めなさがまったく困る。#ネパール at 01/05 15:01


irisiomaru アイコンの篆書体は「紅於」とご教示戴いた。日本初ダム技術書大鳥圭介訳堰堤築方新按の緒言落款より。元ネタは杜牧「山行」の「停車坐愛楓林晩 霜葉紅於二月花」。楓=紅於。漢学詩文の才あるといえ、どれだけ教養高いのか、明治技術者。分かれるものなら分かれと試されているようで、ムラムラする。 at 01/06 00:09
irisiomaru なお、如楓圭介は「紅於二月華」など「紅於」のバリエーションも用いている。如楓散人、二月生まれだからか。楓の花は、葉に比して注目されることはない。そして大きさも極小さい。よもや己をそれに喩えたのか。想像すると、落款一つに色々悶えられる。 at 01/06 00:15


irisiomaru 燃料不足は本当に困る。タクシーがボってくるぐらいは良いが。寒い。ローカルスタッフが出勤できなくなる。飯が炊けなくなるのが致命的。今日は空のボンベを転がして振ってガスを搾り出した。湯を沸かすのもギリギリにし、1秒でも残るガスを節約。#ネパール at 01/06 03:28
irisiomaru 石油会社NOCの逆ザヤ、赤字13億Rs/月、ディーゼル油赤字18Rs/L、ガス赤字342Rs/ボンベ (1Rs=1円)。…光明が見えない。RT @shantiweb “Petrol shortage to continue http://t.co/1hbWRHF1 #ネパール at 01/06 03:42


irisiomaru PVパネル価格低下だが。系統連携太陽光のコストは、PVパネルはシステムの約1/3。なお、架台・土木・建屋約2〜4割、パワコン・盤類が1〜2割。これらはPV価格↓でも同じ。そしてkWに対しkWh発電量が少ないからkWhコストが高い。パネル原価でなくシステム入札価格で議論すべきかと。 at 01/07 16:12
irisiomaru 時々PV原価と原発コストの比較を見るが。待ってと言いたくなる。kW単価・kWh単価は、原価か見積りか応札実績か、現在価値換算かどうか、割引率の設定は何%か等でも、数字がまったく変わる。各発電形式の比較は、同じ条件の比較でないと意味がない。各機関の出すコストの中身の吟味が必要。 at 01/07 16:19


irisiomaru 言うは易し。NEAの方々は水力開発の必要性を十数年切実に訴え続けていた。計画、各案件F/S、設計はNEAの机に山になっている。ではなぜ開発されなかったのか。政治不安、インドの横槍、資金不足、環境を盾にする人々の存在。最後については善なる環境保護者が民衆の首を絞めている。#ネパール at 01/08 16:20
irisiomaru カトマンズ、乾期に恵みの雨。KUKL(水道会社=水供給)とNEA(電力会社=水力発電)おめでとうと言いながら現場で氷雨を浴びた。塵と共に浮遊してた大気汚染物質が雨に溶け一斉に下りてくる。体調崩す方が多い。そして明日から冷え込み激しい由。燃料無いのに。皆様どうかご自愛を。#ネパール at 01/09 21:24


irisiomaru 改めて見たら凄かった。アジ歴日露戦争特別展 http://t.co/1K2zfMbJ 海軍資料から「日露」「日露戦書」、日露戦後軍令部編「極秘 37.8年海戦史」、陸軍資料「陸満機密・密・普大日記」始め、年表・地図→史料、超便利。 at 01/09 22:34


irisiomaru ベトナム、ソンラ発電所。ODAでなく開発公社直接雇いの日本人コンサルタントが技術監理を支援している。「技術者のアウシュビッツだ」とぼやきながら過酷な環境で作業され、1号機を間に合わせようと真剣な方々だった。議長の労い以上に、讃えられてほしい。 at 01/09 23:01


irisiomaru 言いたい事を自分が伝えると人間関係に支障を来す類の言葉を他の方やBotが語っていると、ついRTしたくなる。しかしそれで自分が言った気になる勘違いからは遠ざかりたい。虎の威を借りる模倣でなく、自分の言葉で語りたい。 at 01/13 19:53


irisiomaru マツノさん、相変わらずの快進撃。越の山風、欲しいなあ。 RT@meiji1868 幕末・明治維新の長州人:再発見を 史料3点を復刻、3月発売−−周南のマツノ書店 http://t.co/w0bmjhuG at 01/13 23:59


irisiomaru 誰もにとってどうでもよい事に対し、誰にも考え及ばないほど打ち込む人が好きだ。ある分野でとてつもない深さまで突き詰めるノウハウは、実は世に役立つ分野で、しかも本人が自覚しないまま、生かされることが多い。 at 01/14 00:07


irisiomaru 昔のアニメ、天空戦記シュラトのおかげで、ヒンドゥーの神様ビシュヌは、CV島本須美の美しき女神様のイメージがある。神の名が人に付けられる当地で、ビシュヌという名の方は、むくつけき鬚濃ゆきおっさまが多い。呼ぶ際にいつも戸惑う。子供の頃のイメージは拭い難く、アニメの影響はある意味罪だ。 at 01/14 02:53
irisiomaru スフィンクスとカーリーを合体させクリシュナを作り使役するとか。ぶっ飛んだゲームを普通に楽しんでいたが。いざそれらが信仰されている現地で生活すると、エンターテイメントのために手段を選ばない日本人の感性に畏怖する。日本人ほどあらゆる宗教神話の素養に親しみ育った人々は稀有かも。 at 01/14 03:24


irisiomaru RT、田邉康雄氏。この方の「生涯現役エンジニア」は、経験に基づいた制度設計、人生設計の示唆にあふれている。そして記述の日本語の文調が理想的。短く、簡潔にして、意を達する文章。
http://t.co/qrD5kkUt at 01/14 18:09
irisiomaru 例えば、A4や文庫本で3行以上に渡って長々繋がる文章は、それだけで読みにくい。読ませる気がない自己満足文章だと感じる。日本語も英語も。その時点で読まなくなる。読む側が抵抗なく、するする頭に入り理解する文章を書く方こそ、頭が良い方だと思う。 at 01/14 18:22


irisiomaru こちらに目的らしきものが。http://t.co/woDWhsXU RT@ishiitakaaki 火消しによる日本防衛が記者の責務と信じているが。RT「出来るだけ、放射能は怖いと思えるような文章でお願いします」という記事作成依頼 http://t.co/JPIiecRm at 01/14 18:57
irisiomaru 原発事故→放射能の恐怖を誇張し広げる→日本の水は危険と喧伝→安全と謳う水の輸入販売、で利益追求の構図か。それで国土の不安が不要に煽られ、どれだけリソースが無駄に費やされるか。短視野的欲望も極まる。<放射能の恐怖を煽るだけの簡単なお仕事 http://t.co/66AVTfLU at 01/14 19:06


irisiomaru おお、琵琶湖疏水インテイクゲートの図面も。インフラ整備開始時期の土木史料は史料に留まらず、現在も実用的。制限される重機、人力が主の施工のための設計。途上国の小水力や灌漑の設計の、良い参考資料になる。http://t.co/4oClQDVb 田辺朔郎「偉業」資料1万点公開 at 01/14 19:14


irisiomaru 古文書講義ブログ http://t.co/qv666jZF …これは凄い。プチとご謙遜されていますが。書簡の人物背景と共に読み解いた解説が読み応えあります。大鳥が「台風のような文字を書く乱筆男」と紹介。書簡についてはその通りで自分も困ってる。やる気になれば美字も書く方だが。 at 01/15 03:57


irisiomaru 勝Botに泣く。RT@KatsuKaishuBot 万般の責任を一人で引き受けて、非常な艱難にも堪へ忍び、そして綽々として余裕があるのは、大人物でなくては出来ない。胸中の煩悶は、死ぬるよりも苦しいヨ。それが苦しいといつて、自殺でもして当座の苦みを免れうとするのは屑々たる小人だ。 at 01/15 12:43


irisiomaru RT記事、ここもポイント「当時の府民たちが素晴らしいのは、事業が後世の子孫まで潤す財産になることをしっかりと了見し、疏水建設のために目的税を受け入れたことである。重税感に不満もあっただろう。それでも、明治の聡明な京都人は、権利や受益のためには、負担や義務が伴うことを知っていた」 at 01/15 13:19
irisiomaru ということは、片山東熊は田辺朔郎の義兄だったのか。工部大学校土木繋がりがこんなところに。 at 01/17 20:18


irisiomaru Google Map, 場所で右クリック→「この場所について」で得られる十進数で緯度経度を検索窓に打ち込むと、地図の場所が表示される。便利。例、幕臣大鳥の駿河台屋敷場所:35.698192,139.765025、明治大鳥桜川町の家場所:35.667992,139.750621 at 01/18 02:43
irisiomaru 明治中期以降白金台大鳥家:35.644141,139.729217、霞ヶ関の工部大学校の碑文場所:35.671156,139.747961 などなど。勿論世界中の都市で同様に使用可能。恐ろしいほど便利になっていく。 at 01/18 02:49
irisiomaru Everest Postal Care, Jawalakhel (ロータリーから南東200m、Google Map 27.672355,85.315651), 7:30-20:00, PO Box:1000Rp/initial, 500Rp/year. Patanの方に便利。 at 01/18 15:29
irisiomaru 通販海外転送サービス、転送コムhttp://t.co/VYdi2f72, セレンディhttp://t.co/K9JbELp6, 2ndpost http://t.co/MflxKXrG 等。複数通販まとめ発送もあるが、手数料は大体同様。元々EMSが高い。SAL等選べる違いはある。 at 01/18 15:31



posted by 入潮 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。