2012年03月06日

Twitter 120120-120306


irisiomaru 建設設備手帖がかなり秀逸。http://t.co/6rcCZgdo 設備は建物が付き物だが、配管や照明や細々した必要データ、計算方法がぎっしりコンパクトに纏められ、現場で助かる。太陽光設備関係、構造計算方法や、排出削減計算方法も追加された。これは去年に入手したかった。 at 01/20 01:12
irisiomaru 大鳥圭介の野戦要務や築城典刑、田辺朔郎の袖珍公式工師必携等、現場に持ち出し参照できるハンドブック的便利知識集成は、昔から日本人は得意で凝る。他国では中々手に入らない。ガイドブック1つでも、ロンプラと地球の歩き方では、密度や情報量、ユーザー配慮が違う。もっと感心されていいと思う。 at 01/20 01:19


irisiomaru 手前を苦しませるこの問題は、どれも別に歴史的でも未曾有でも、解決に超能力が必要でも、一切無い。誰もみな同じようにぶち当たり乗り越えたものだ。そう思うと、不満と愚痴を漏らすのも恥ずかしくなる。大変な私アピールなど無益。ただ調査と分析と作業と行動を厭わず粛々対処すればよい。 at 01/20 01:31


irisiomaru カトマンズ、燃料値上げ反対バンダ(ストライキ)週間。そもそも仕入れ仕入れ価格が小売価格より高い逆ザヤで、元売が支払いできないから供給難に陥っているのに。値上げ反対してどうする、更に供給できなくするだけだと、冷静なネパール人はわかっている。今日もスタンドの長蛇は続く。#ネパール at 01/23 02:23


irisiomaru けいすけじゃ、ケーブルTVではとうとう戊辰戦争に突入。クライマックスも間近。全20話放送後に完全版の上映会を、町役場が企画されているとのことです。 at 01/23 18:40
irisiomaru 国会図書館の電子図書館の対応範囲ではない気が…。確実なのは上郡に行くことですが。DVDのライブラリーローンなど、将来的に都内でも閲覧できる方法があればいいですね。@tukaohtsu 国会図書館に行けば観れるものでしょうか・・・ at 01/25 03:13
irisiomaru 大山弥助氏も出演していました。戊辰ではなく江川塾ですが。原作33回、アニメは9~12話のどこかかと。@iwao_ohyama おっ、大鳥先生の漫画映画ごわすな。 at 01/25 03:19
irisiomaru おすすめ本、RT@Books100yen2 「浪士」石油を掘る―石坂周造をめぐる異色の維新史: 真島 節朗 http://t.co/DtlRKswV 明治のベンチャービジネス第1号。石油開発に富国の夢を託した幕末浪士の物語。勝海舟、山岡鉄舟、黒田清隆、大鳥圭介など、… at 01/25 12:08


irisiomaru 本日燃料値上反対バンダ、午後も継続中。ジャワラケルは鎧、メット、盾に身を固めライフルを持ったポリスが列をなしている。車は朝ポリスと国際機関の車両を見たのみ。バイクはちらほら。店は全てクローズ。路上の豆売り・みかん売りだけが逞しい。回線が重いのは皆仕事できずネットしているからか。 at 01/25 17:27


irisiomaru 北陸電力1000kW (1MW) 太陽光「有効な供給力になり得ないことを分かってもらうための投資」 kWhを見れば余りに太陽光が非力なのは伝わるが、それを分かってもらうためにわざわざ投資せねばならないとは…。http://t.co/fNn00twx at 01/28 22:52


irisiomaru RT: 地図クラウド化はありがたい。できればGISデータとして公開、DL可としてしていただければ利活用性がいっそう大きくなるが。 at 01/29 14:16


irisiomaru 南柯紀行、慶応四年九月会津城篭城戦の際の記述「村民共、兵士の城内より出づる者を見れば、不義者なりとて取囲処々にて猥に殺害せし者あり…余り残酷の所業」会津藩士は地元村民にそこまで嫌われていた、というか。「不義者」だからというよりは、村民の戦への鬱憤、恨みの感じられる一文。 at 01/30 03:08
irisiomaru バンダ(ストライキ)以上に、各建設プロジェクトで労働者賃上げスト、周辺住民の詰め寄せなどで工事が進まなくなる事態が多発。物価上昇、燃料供給不安、1日14時間停電、水供給不足等で民衆の鬱憤が蓄積。公的プロジェクトがはけ口に。政府の問題だが、矢面に立たされるのが現場の我等。#ネパール at 01/30 03:13
irisiomaru 疲れたが、逃げても「不義者」として殺されることもない分、きっと楽なのだ。歴史人物の経た道を振り返り見れば、己の面する問題など、なんと些少でありふれていることかと思い至る。 at 01/30 03:21
irisiomaru ネパールは天国だね!食堂やスーパーはあるし、カウンターパートは優しいし、水は溜められるし、1日10時間でも電気は来るし、夜でも歩けるし、命の危険を感じる事もないし…。と、ウガンダ→ザンビア→PNGの次にネパール案件に就いた上司が、幸せそうに述べた。手前の至らなさを痛感した。 at 01/30 03:48


irisiomaru 住民が現場詰め寄せ、近くの寺で集会。要望の一つが、元々(20数年前)自分達の土地だったPV発電所の電気は、自分たちに優先的に配れという。電気は全て電力会社に送られる。送った電気に発電元の名札は付けられない。どう配分するかは電力会社次第。そうした当たり前のことに理解を得るのが苦労。 at 02/02 23:13
irisiomaru 国際協力という響きに憧れる方は多いが。現場ほど果てしなく我侭で理不尽な対応に迫られ、要件(スコープ)や契約と現実との板ばさみになる。情を切り捨てねばならぬ事だらけ。「良いことをしたい」「役に立ちたい」と思っている善良な方ほど向いていないのも、国際協力、援助というお仕事。 at 02/02 23:16


irisiomaru これは…。この顔つき、この筋骨、このセンス。男らしい。惚れた。最高だ。http://t.co/27rByRKt at 02/02 23:20


irisiomaru MicrosoftのSkydriveが思いのほか便利。複数の重いファイルを、フォルダからのコピー感覚で一気にアップロードして共有できる。ファイル転送サービスはセキュリティで撥ねられることが多いが、大丈夫なことが多い。メールよりスピードが早いため回線が貧弱な場所でより重宝。 at 02/04 07:39


irisiomaru 一昨日の雨。バグマティ川は黒色から泥色になり悪臭が減じた。水道会社と電力会社にとっては恵みの雨で給電時間が伸びた。水気で塵が落ち着き空気も良い。幸いだ。一方、一日がクリティカルなこの工期逼迫時期に、想定外の雨で更に作業遅延。「幸」という字から「一」引くと「辛」になる。 at 02/11 02:43
irisiomaru 今年の桜も、見れぬことが決まった。そして花見は1年のモチベーションであったことに気づく。 at 02/18 02:54


irisiomaru 太陽光パネルは発電設備の3割〜4割にすぎない。パネルの価格が下がると、鉄骨や土木のコストの割合が大きくなる。ここを下げないとシステムのコストは結局下がらない。土木、構造技術者の腕の見せ所になる。実際の建設でも、パネルは据付だけで、苦労するのは土木。 at 02/18 03:00
irisiomaru この一年でコンクリートや鉄筋や鉄骨や土質や構造力学を否応が無しに学ばされました。本来、案件に入る前に身につけねばならぬ項目ばかりだった。太陽光に従事する方は、電気は当然だが土木が必須科目だと思う。 at 02/18 03:24


irisiomaru 情報ありがとうございます。今週大使館の方と打ち合わせの際に、携帯は持ち込みできなくなるとお伺いしました。カメラもでしたか。RT@wobaba カトマンズの日本大使館入場時、携帯電話やカメラの持ち込みが禁止されるという情報 #ネパール at 02/18 03:25


irisiomaru 明治三十五年第五回内国勧業博覧会審査規則、大鳥圭介審査総長の訓示が面白。「数十万点の一として出品者の辛苦経営に出でざるは無」と心を込めた。公益の軽重、需要の多寡、輸出展望を評価する広範な知識の他、公平性、秘密保持性が求められた審査員の重責。博覧会の明治工業発展の位置づけを調べたい at 02/18 03:59


irisiomaru RT。琵琶湖疏水蹴上発電所。明治24年運転開始。当時のペルトン水車が疎水記念館のほうに展示されていた。日本は水車を作る技術もそうだが、それを長期間運用する技術こそが、もっと凄い。近代歴史遺産になっている現役発電所がいくつもある。 at 02/22 20:30
irisiomaru 契約書の作成・使いこなしができ、全体工程をマネージできる土木技術者は、世界中どこでも引っ張りだこなのですが。若者の土木離れ、工学離れは辛いです。@beads_amuse 日本でも土木技術者のニーズは根強い at 02/22 20:32


irisiomaru 大鳥圭介生誕地の観梅会 http://t.co/tAphX9tT
2012年3月18日(日)・20日(火・祝)10:00-14:00 石戸公民館・いきいき交流ふるさと館より。
約70haの斜面に約120本の梅の木の元、「圭介そば」など味わう。 at 02/24 16:26
irisiomaru あ、梅園は別途見に行くだけで、圭介そばは石戸で食すのかも。あと石戸資料館圭介塾猪尾塾長先生が、熱く語っている。えんしんネットVol.19
http://t.co/LFFPoBBQ at 02/24 16:50
irisiomaru 1832年生説と1833年生説、2月25日説と2月28日説が。記録の鬼の方が己の誕生日はどうでもいいっぽいあたり。もう毎日誕生日でいいんじゃないですか。@torisanbot 今日から28日まで祝うなんてどうかな(´∀`)ニヤリ at 02/25 14:01


irisiomaru NOC近くの爆弾テロ、Singhadurbar官公庁の近く。燃料値上がりに対する脅しだろうか。付近は自分も日々訪れるが、政府関係の案件の方は巻き込まれないよう、ご注意を。#ネパール http://t.co/3k7GFGwm at 02/27 18:39
irisiomaru 燃料も電力もそうだが、値上がりに反対すればするほど会社の経営が立ち行かず、サービスに問題が多発し、後々首が絞められるのは自分達の生活であるのに。なぜそれを考えず安易に悪者設定して攻撃するのか。理解できん。 at 02/27 18:43


irisiomaru 「海をダムに見立て発電」http://t.co/9v728Bqn 水圧を越える排水のエネルギーが発電エネルギーを上回る気が。これ可能だったら永久機関がOKになる気が。潮汐や潮流を使った発電ならまだありえるだろうが。何だか時々、夢云々をつきぬけた突飛な話がでてくる魅惑の新エネ。 at 02/29 00:26


irisiomaru 太陽光建設現場取材の本邦記者様、NGO様。説明に提供した図表を無断転載。学術論文では図表作成者は共著者としての表記が必要になる重い扱いの筈。写真を隠し撮りし個人情報と共に無断掲載も。常識の通用しなさに愕然。イイ事している自信のある人は、何をやっても許される全能感があるのだろうか。 at 03/03 04:04
irisiomaru 削除を求める要求と説明に無駄な労力を割く。この工期逼迫の死ぬほど忙しい時にと溜息。記者という人種は、取材してあげて当たり前、記事の対象の現場がどれほど大変で契約上の制限を受けているかの配慮が無い…という認識を固めてしまいそうだ。無論常識的な記者の方も沢山いるのだろうけれども。 at 03/03 04:07


irisiomaru 手元のペニシリン系抗生物質アモキシリンが、ネパール製だったことにびっくり。ネパールの医療レベルは高く、周辺国から病気治療に患者が来ることも多い由。(ただしレベルにばらつきも多く、藪に当たると誤診も多い。良い医者の口コミを当たるのは必須か) #ネパール at 03/03 04:34


irisiomaru 国立公文書館、非常勤職員募集。審査事務、修復事務、経理事務、目録作成・出納業務。http://t.co/TSKSOzGF
眩しい…。 at 03/05 16:47


irisiomaru ネパールの計画停電時間変更。週68→62時間に減少。乾期で降水量は減少しているのに給電時間が増えたのは、クリカニ水力のメンテ終了と漏水減少のため。電力会社NEAも厳しい条件の中、頑張っています。#ネパール at 03/05 19:30


irisiomaru RT。南京米、普通に鍋で炊いて毎日食っておるが、旨いぞ。もとい。旨い不味いは別にして。日本産以外の米を蔑む精神風土はそれ自体が貧しい。そういう精神性だから会津にいられず斗南に行かざるを得なくなったのではと思ってしまう。 at 03/06 00:00
irisiomaru 潤沢な資金と灌漑インフラの元、米の最適条件を極めた肥料と水で贅沢に栽培した日本米がうまいのは当たり前だが。日本米以外に日本米の美味しさを求めるほうが間違っている。インディカ米にはインディカ米なりのうまさがある。米の味の多様性を認めないほうが貧しい食文化だと思う。 at 03/06 00:15



posted by 入潮 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

海外、途上国の生理用品

海外、特に途上国で、女性が困ると思い用意万端にするのが、生理用品かと思います。
長期出張において、国内で買いだめした生理用品がかさばり、スーツケースを圧迫することも多いです。

一方、現地入手は可能です。ストックが無くても全く困りません。どんな田舎でも、貨幣経済さえ浸透していれば、キオスク等で容易に手に入ります。私が今まで赴いた40カ国ほどの中で、生理用品が売られていなかった国はありませんでした。ミャンマーやラオスの未電化村でも普通に売られていました。

昔は布などでやりくりしていたと思いますが。工業製品の使い捨て生理用品の便利さは、どの国の方も、一度知ったら逃れられないものの一つであるようです。

その種類は非常に豊富です。ネパールのスーパーには、各国製の製品が所狭しと並べられています。

サニタリーについては、なかなか公にしにくい話題でありますし、使用比べをしたレビューもあまり見かけません。
以下、ネパールの場合ということでご紹介してみます。インドなど南アジア、他のアジアでも状況は似たようなものかと思います。

選ぶのポイントは、(1)ジェル(高分子ポリマー)使用か否か、(2)厚さ・かさばるか、(3) 横もれしないか、(4) 表面シートの素材、(5) 個別梱包か、などになるかと思います。

(以下、1ルピー≒1.1円)


◆ Ferme
feme.JPG
8枚 75ルピー、ネパール Magna Max社製
ジェル使用かどうかは表記無し(おそらく使用)。薄い。綿製で表面シートは化繊。
個別梱包が無く持ち歩きに難。薄く糊が弱いのて、ガードルがないとずれやすい。


◆ Hibis
hibis.JPG
8枚103ルピー。台湾製。ISO9001取得。
ハーブの香りでさわやか。やや高価。梱包が豪華でしっかりしている。個別梱包。綿製で吸収用ジェルも使用。表面シートはポリエチレンの不織布。作りも頑丈で横もれに強い。ただ、香料がきつく、連続して毎回使うには気が引ける。


◆ MAXI
maxi.JPG
8枚入りで一パック、40ルピー。インド Actifit社製。今回のラインアップ中、最安値。
綿製でジェル使用、表面シートは化繊。個別梱包無し。畳まれずシート状のまま重ねられてパックされている。
糊が弱くずれやすい。薄く脇も甘いので少ない日に。


◆ Ria
ria.JPG
8枚 190ルピー (280mm)。高い。Silkと書かれているが多分綿製、表面シートは不織布。薄いがしっかり作られている。値段の価値はある。個別梱包。糊はやや弱い。225mm〜280mmまでサイズあり。
どこ製か書かれていないあたりおそらくインド製。Hartmann社。英、仏、独、露、アラビア語など各国語で説明書きあり。


◆ Safety
safety.JPG
8枚 60ルピー、ネパール Jasmine Hygiene Products社製
綿、表面化繊シートはMAXI、Fermeと同じ使用感だが、個別梱包あり。糊もややしっかりしている。


◆ Softex
softex.JPG
8枚42ルピー、24枚で100ルピー程度。インドネシア製
Non Gel とあり、ジェル不使用をアピール。個別梱包。綿が厚く、持ち歩き、買い置きにかさばる。コストパフォーマンスは良し。表面も綿。
(自分はこれが一番好みだった)


◆ Stayfree
Stayfree.JPG
8枚55ルピー(230mm、羽根あり) 個別無しの他、様々なサイズ・種類あり。
ネパール製。ネパールでは生理用品の代名詞になっている模様。(歯医者で困っていたら、受付のお姉さんにStayfreeいる?と聞かれた。)
綿製でやや分厚い。表面シートは化繊。


◆ Whisper
wisper.JPG
15枚 200ルピー インド Kundaim製。こちらも高価な部類。
日本でもおなじみのブランド。薄型。Air Dry Technology採用だそうな。個別梱包。ジェル使用。薄い。優等生的。脇がやや甘く多い日は過信できない。


以上、ネパールで入手可能な主要なラインアップでした。適当にスーパーで調達しただけなので、他に色々種類はあると思います。
ネパールの国内製が健闘していました。しかし価格はインドの大量生産の輸入品のほうが安い模様。
他、東南アジアならタイ製のものも沢山あるかと思います。

新興国、途上国も、サニタリー用品のように軽工業の部類で国内需要があるものは、自国内で生産しています。考えてみれば人口の半分は女性で、その半分は需要あるので、マーケットとしては巨大です。国内業者が手を出さない理由はありません。

それで結局、どれを使えばいいか、ですが。
個人的には、二、三種類の製品をとっかえひっかえするのが良いかと思います。


同じものを使い続けると、同じ成分のものが肌のデリケートな部分に付き続けることになります。

ジェル製のものは薄くてかさ張らず、良いのですが。人によってはかぶれる可能性もあります。ジェルは、多孔性で水分吸着力の大きい高分子ポリマーです。アレルギーの原因になりうる他、吸収が大きすぎて吸い取らなくても良い分まで吸い取ろうとして粘膜が乾き、余り好ましくないという説もあります。

一方、綿のみのものは分厚くなり、かさ張って保管に場所をとり、付け心地が良くなかったりで、一長一短です。
ジェル不使用でも、表面のフィルムが化学繊維のものの場合、肌に合う合わないがあるでしょう。

かぶれもアレルギー性のことが多いです(単なる蒸れなどそれ以外の原因もある)。アレルギーは、原因となるアレルゲンが許容量を超えると発現します。よって、アレルゲンの蓄積を避けるためにも、同じ製品を肌に合うという理由でずっと使用しつづけるより、適宜間隔を置いて使うほうが良いかと自分は考えます。

また、個別梱包について。日本のものは全て個別梱包されていたので、個別梱包無し、という発想は無かったです。個別梱包が無いと持ち歩きの際に衛生が気になります。また、使用済みのものを包むものがないので、その点でも不便です。
ただ、確かに安くなりますし、ゴミが減るので、家の中に限って使うと割りきれば、それもありかと思います。


色々比べてみると、確かに日本で売られているものが一番日本人の肌に合うように作られています。梱包や糊、肌触りなど、日本メーカー独特の細やかな配慮にあふれていることは確かです。心情的にも安心できるものがあります。

ただ、以上を使い比べてみて、現地入手可能製品で十分用は足りるというのが自分の実感です。

短期、1〜2ヶ月程度なら日本製のものを持ち歩き、それ以上の場合は腹を括って現地入手可能なものを使う、というやり方が良いかと思います。

…結局、そうせざるを得ないので、言わなくても良い結論になってしまいました。


posted by 入潮 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 途上国開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。