2013年01月18日

Twitter121214-121224

irisiomaru 「天地明察」機内上映で見た。暦にかけられる熱意。日本初国産暦の制定過程と、暦を巡る権益独占構造が面白い。これは原作を読みたい。台詞回しや間の取り方が素晴しくて物言わぬ感情が伝わってきた。当時の日本の観測技術、数学レベルの高さに驚いた。関孝和が奇矯でキャラが立ってて良い。 at 12/14 07:29

irisiomaru 天地明察、難を言えば英タイトル。Samurai Astronomerは無いだろう。Insightでは駄目なのか。本編もどうも無理矢理なサムライ臭さが鼻についた。暦の違いや、測地法や、日食月食の計算法等、他に語るべき事は沢山あったと思う。サムライでないと時代は語れないわけではない。 at 12/14 07:33

irisiomaru 映画も漫画も海外にサムライやニンジャばかり発信しているが。現代に繋がる日本の見るべき所は、夫々の時代の官僚機構であり、技術力であり、インフラと流通であり、日本人独特の責任感使命感であるわけで。そこを蔑ろにし娯楽に走っても、一時の享楽で終わり、後の世に伝わる作品にはならんと思う。 at 12/14 07:39

irisiomaru ケニアの人材、幅がある。エクセル可の触れ込みでも平均や%の概念を理解してなかったり。優秀な方は報告書を任せられるぐらいだが、給料アップの主張が激しく労働争議に明け暮れ、それに疲れ果てて結局雇うメリットがなかったり。謙虚で能力あるという、二つの要素の並列が成り立たない。どちらか。 at 12/14 07:54

irisiomaru ただいま。と言っても、誰もおらぬ夜の寒い家。 まずは掃除するか…と思い。そのまま固まること数分。掃除機が、ひどい狼藉を受けていました……。おのれ……ネズミ……。 http://t.co/AulUV3zt at 12/14 22:42

irisiomaru 掃除機のホースを食い荒らされ、吸引できない。掃除不可。そしてもう一つ。本棚の前。箱を開封していない新品の殺鼠剤だったのだが……。 http://t.co/z5qsha4x at 12/14 22:45

irisiomaru 仕掛けていたわけでもない殺鼠剤がまったく効いておらず、唯の餌と化していたどころか、皿まで平らげられていた。台所は塩まで食い荒らされていた。これが2ヵ月半ケニアで疲れ果て帰ってきた家主にする仕打ちか。私は前世、一体、何の悪い事をしたのだ。 at 12/14 22:48

irisiomaru 寒い。手がかじかんできた。そういえば日本は冬だった。ネズミの食いカスの中で何もやる気がしない。せめてコタツを出そうという気力すらない。この家でクリスマスと正月孤独に過ごすのかよ。明日ルンバ買いに行こう……。 at 12/14 22:51

irisiomaru @itaru_ohyama ありがとうございます。帰ってこないほうがいっそ善かったかと思う心境ですが。寒い…。 at 12/14 22:54

irisiomaru @mocca02 すでに家主の座を奪われきっております…。弥生時代から穀物倉庫を荒らし、中世欧州人口を半分にした生き物ですから、太刀打ちできません。 at 12/15 00:38

irisiomaru 鼠に食い散らかされた掃除機のホースは、ガムテープで応急処置をして、何とか掃除した。疲れた。ちなみに、以前もこんな狼藉を行いやがりました。http://t.co/ByJzqv6B キーボード食われた…。 at 12/15 00:41

irisiomaru RT,ポケモンのキャラ名に歴代の天皇名をつけては。既にギリシャ、ローマ、ケルト、エジプト、バビロニア等各神話、ヒンドゥー教、キリスト教等、世界中ありとあらゆる神話、物語、宗教の崇拝畏敬の対象の神、天使、悪魔をゲームキャラにしてきた日本のゲーム会社だ。できないことは無かろう……。 at 12/15 11:55

irisiomaru ゲームやアニメが子供の教養に及ぼす効果は高い。子供の頃、ドラクエでスコットランド文化に興味持ったし。聖闘士星矢でギリシャ神話と八十八星座の形や位置を覚えた。それらが今、結構役立っている。比較文化で自分の国の歴史文化の再発見にも繋がる。要は入り口をどう現実世界と結びつけ活用するか。 at 12/15 12:01

irisiomaru @fu_sakura ご配慮ありがとうございます。ノロも基本は下痢、脱水対策のようですね。事務所では腸チフスが流行っていました。仮にかかっても経験が生きるので大丈夫だと思います。 at 12/15 12:03

irisiomaru @matsukar @fall_tw ホウ酸団子は対ゴキブリ兵器だったような。ネズミにも効き目あるのでしょうか。うちのネズミどもは、ホウ酸でも放射能物質でも適応進化して生き残りそうです……。 at 12/15 12:06

irisiomaru 大鳥圭介別荘滝の家を訪れた佐々木某。庭か林区別つかず家が見えない。垣根に向かって草むしりする爺さんあり。「大鳥男爵の御邸は此方でせうか」振り向いた爺さん「オヽ御出か、彼方へ行ついておいで、今即刻行くから」 大鳥閣下でありました。…明治44・6.18東京毎日新聞記事。 at 12/16 23:33

irisiomaru この佐々木某、以前にも国府津の停車場で後ろから爺さんの肩を叩いて「大鳥男爵の宅まで何町あります?」と聞いたら、その人が男爵だった、ということがあった。佐々木が悪いのではない。おそらく誰も普段は大鳥男爵に見えない、如楓爺。 at 12/16 23:36

irisiomaru 政策失敗した党の落選を喜ぶより、政権を取った党に、いかに公約、特にデフレ脱却、エネルギー安定供給を達成させるかを、有権者として厳しく見ていきたいもの。政権奪還はようやくの始まりであって、終わりではない。 at 12/17 00:16

irisiomaru RT。二宮尊徳が偉いのは、単に薪を拾いながら勉強したからではない。収入程度を見極め支出計画を作る分限を徹底して村落経営して藩財政を立て直した実績を上げたから。公益のため、年貢出し渋りは諌めている。新政権も二宮尊徳に習いぜひ実績を上げてほしい。 at 12/17 00:56

irisiomaru @matsukar 以前野良猫に家に入り込まれ、ネズミを食ってくれるかと思いきや、ベッドの下に粗相し、悪臭に眠れぬ夜を過して以来、トラウマです。一難去るとまた一難。 at 12/17 00:59

irisiomaru 「大鳥圭介と鳳啓助」http://t.co/e3Pesdob 鳳啓助の由来は大鳥圭介という話を、新聞二本から。 at 12/20 22:34

irisiomaru 国会図書館「デジタル化資料の図書館送信に関する改正著作権法の施行について」
http://t.co/zEbQVL7n 来年1月から、これまで館内のみ提供だったデジタル化資料で入手困難な資料が、全国の図書館等に送信可能に。図書館は閲覧・複写サービスを実施可に。朗報です。 at 12/20 22:37

irisiomaru @itaru_ohyama 確かに。改革とか革命とか維新とか大仰な言葉は不要で、当り前のことを粛々と実施させる能力を示して欲しいところですね。今回勝った党は、改革ではなく、「日本を取り戻す」と反動をスローガンにして票が集まったというのは、ある意味政治史に残ることかもと思います。 at 12/20 22:40

irisiomaru 「新聞と大鳥男爵瀧の家」http://t.co/pirXBHrP
新聞タイトルの変遷が複雑怪奇であるという話と、大鳥圭介がまったく偉い人に見えないという話。 at 12/21 19:52

irisiomaru 吉野家で豚丼食べてきた。美味しかった!あんな美味いものを何時でも食えるという幸せよ。しかしいつも食っていると幸せでも何でもなくなり侘しさの象徴にすらなる不思議。幸せとは不幸であってはじめて成り立つものか。 at 12/24 20:45

irisiomaru 藤本篤志「社蓄のススメ」良本。普段社蓄を自称する手前の自己肯定の為に読んだが。漠然と抱いていた価値観が見事に文章で羅列されていた。経験の浅い人間が自分の評価や自分らしさを求める事がまず間違い。不条理でも言われた通り律儀に実行する、問答無用への耐性こそ大切。バカの壁にもあったが。 at 12/24 20:51

irisiomaru 世の人を天才と凡人に分類すれば、九割九分が凡人。歴史に名の残る人物はほぼ皆天才型。世の啓蒙書は歴史人物にばかり倣えという。自分も天才ならそれでいいが。凡人には凡人の道がある。会社の歯車として、向き不向き考えず不条理を厭わず多分野の下積みを得て、人間の底を深める事の大切さ。 at 12/24 20:58

irisiomaru 個性など求めず、虚心坦懐に目の前の必要事項をこなし、それに付随する知識を集め、多分野でそれを繰り返す。その結果としての知識の集積と結合が、何よりの個性と自分らしさになる。まず良き歯車であること。歯車の一つにもなれない人間が、歯車の集積であるシステムを動かせるはずがない。 at 12/24 21:02

irisiomaru 「私はこんな人間、私の考えはこう!」と只管発信する方もいるが。大抵、どこかで聞いた枠に填り真新しさは無い。一方、自分の事などどうでも良く、ただ仕事の対象や結果を語る方は、結果的に強烈な個性を発している。自分が一つ一つの歯車として動き組み合わせた成果を、かけがえ無い価値にしている。 at 12/24 21:13

irisiomaru 自分が大鳥圭介を好きなのは、最良の凡人であるから。自分らしさなぞ考えず、目の前の必要に対して最大限に尽力し続けた結果が重なり、世に必須の生産性を呈した。一方虚構で描かれる坂本竜馬や土方歳三等の天才は、学ぶ所が無い。日本を洗濯とか士道に背くべからずとか、真似しても失笑されて終わる。 at 12/24 21:30


posted by 入潮 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

Twitter121228-130119



irisiomaru ネパール1日12時間計画停電か。昨年の今頃は、電気無く燃料なくバッテリー切れて、毛布を被って懐中電灯でポメラで仕事していた。現場の方に申し訳ないが、灯り有り炬燵有り24時間電気有る中で年を越せる今年は、独りでも幸せだと思わねばなるまい。 at 12/28 00:46

irisiomaru @wobaba お犬様も人肌のぬくもりをお求めになられるほど寒い…。ガスが入るようになっていると良いのですが。現場年越組どころかまさにそこを終生の居としておられるのですから。日々真にお疲れ様です。 at 12/28 23:56

irisiomaru @beads_amuse おそらく1月中はいられるかと。できれば3日以外で、7日の仕事初め前だと、動きやすいです。 at 12/29 23:57

irisiomaru @skr_setsun 内容は存じ上げませんが。上郡には私よりずっとお詳しい方もおられますし、星氏も気合を入れて望んでくださるのではないかと思います。 at 12/30 20:47

irisiomaru あけましておめでとうございます。昨年はブータン地方電化初のキャパシタ利用太陽光電化終了や、ネパール680kW太陽光完工など、様々な方のご助力のおかげで何とか形になり前進できました。今年も少しでも人様のお役に立てる技術を身に着けていきたく思います。まずは五体満足安全第一。 at 01/02 17:33

irisiomaru 炬燵でぬくぬくしている合間にも、各国の現場は動いている。苛烈な日光の中で権利主張ばかり激しい労働者を舵取りし、明日の国の基礎のインフラを造っている皆様、真にごお疲れ様であります。 at 01/02 17:39

irisiomaru 白虎隊ですか。女子供を劣悪な武器で戦場で死なせ自害させ、エンターテイメントで持て囃す。その感覚は理解できん。その少し前、大鳥圭介は利根の渡しで訓練生が脱走について来ようとし、まだ若いから死地に来るなと引き返させようとした。結局着いてきて死なせて悔いた。それが普通の感覚と思うが。 at 01/02 17:50

irisiomaru タッチの差で石井孝明氏が同じことを仰ってて、同じように感じている方は沢山いるのだと安心した。 at 01/02 18:14

irisiomaru 幕末明治と現代で価値観が隔絶しているとは思わない。四書五経が根底にある当時の人間と、娯楽ゲームで育った現代人の精神性は無論異なるだろうが。善悪の規範はさほど異らない。彼らは異星人ではない。女子供は死なせるべきでないというのは、日本武尊の時代から同じだと思う。 at 01/02 19:12

irisiomaru 一億総玉砕まで掲げなければならなかった大戦末期なら、白虎隊美化もわかるけど。あくまで異常期に異常事象を看板にするだけの話。現代はデフレにエネルギー供給に課題は色々あるけど、そこまで異常期じゃない。 at 01/02 19:24

irisiomaru といいつつ、事実、赤穂浪士にせよ白虎隊にせよ義経にせよ、ずっと大衆の紅涙を絞り続けている。それは不条理を打破できず生きる人間が、不条理な死に何らかのカタルシスを感じるからなのだろうか。中島みゆきの歌でとことん落ち込んですっきりする感覚のような。 at 01/02 19:33

irisiomaru @ak_hr 2000年以上、他民族による文化の破壊なく、価値観が継承され続けたことは僥倖だと思います。断絶があった他国は、価値観の継承のために宗教を必要としましたが。日本は娯楽文化が宗教の役割を一緒に担ってきたのでしょうね。 at 01/02 19:40

irisiomaru とすると、カタルシスの正体は「自分より大きな不幸や不条理を見る事による、自分の境遇の諦めと心情の慰め」か。あまりヘルシーではない。幸せが遠のきそうだ。どん底まで落ちたら、そこでぐだぐだせず、後は上を見ましょう。 at 01/02 19:54

irisiomaru @tukaohtsu 私も噴出しました。値段より、それを確保する場所の地価のほうが高そうだと(笑) at 01/03 12:51

irisiomaru マギ読んでいます。これはワクワク。王道少年漫画は久しぶり。黄牙のおばあちゃんが良い。この決断、ベースの王道に異色の過程を盛り込むのが力量。 at 01/03 21:35

irisiomaru マギ、深い。というか深いと見せかけて単純明快に持っていくストーリーがお見事。はた迷惑なボスと優秀な部下というトリオが大変好み。 at 01/03 22:01


irisiomaru RTした「本が本当に売れない時代」 http://t.co/BdzrKho1
電車でも本を読んでいるのは年配の一握りの方で、多くはスマホ操作している。ネット情報は広いが表層的。社会の視座を得る深い記述はやはり本にしかない。出版者・書店の不況が日本人の知の減退に繋がりかねない。 at 01/05 13:36

irisiomaru マギが面白いのは社会を作る視座が根底にある事だと思う。創作を面白くするのは実社会を創る側の智識。ファンタジーほど現実性が必要と思った。 at 01/05 13:48

irisiomaru @machi_town 了解です。ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。ご活躍のお話お伺いできること楽しみにしています。 at 01/05 13:53

irisiomaru 銭湯でチラ聞きしたテレビニュースで、現政権の国債発行して公共事業を行う政策が、ハイパーインフレを招く恐れあると言っていた。デフレ、供給>需要、貿易赤でも経常収支黒字の日本の何処に年率1万%超える「ハイパー」インフレの可能性があるのか、ど教えて欲しい。 at 01/08 23:47

irisiomaru 日本はもっと公共投資していい。唯でさえ地震水害軟弱地盤の日本は土木に相当金がかかる。例えば日本の高速道路基礎は寸胴だが欧州のは随分細い。なのに日本の公共投資/GNP比率はフランスやカナダ等より低い。公共事業削減で空港も港湾もインフラ整備できず、アジアのハブを中国韓国に奪われた。 at 01/08 23:56

irisiomaru 欧米は軒並み公共投資比率上げて内需確保してる。かつての世界の工場英国の今の公共投資額は2000年の3倍(米国は2倍、日本は半額!)。金融サービス利益と20%消費税で雇用と内需確保し国を保ってる。震災復興と安全インフラが希求される現日本、建設国債で公共投資せずにどうするのだろう。 at 01/09 00:02

irisiomaru この辺り、大石久和「国土と日本人」に詳しくデータが掲載されている。全然キャッチーでない官僚臭いタイトルで損してる中公新書の本だが、非常にお勧め。明治からの日本の国土整備の背景や哲学が述べられ、幕末明治ファンの方も世界観・歴史観が深まると思う。 at 01/09 00:07

irisiomaru @matsukar 新聞や雑誌や新書は電子でいいというか、どんどん電子でやって欲しいです。専門書も自炊してPDF化する時代ですが。本当に自分が食っていく為の深い知識や重要な情報は、WEBや電子書籍には、一部の公共機関以外まだないですし、これからもそうかと。 at 01/09 00:11

irisiomaru 日本無償支援によるネパール680kW太陽光、ネパール側への引渡し式。 http://t.co/XtobwKPQ at 01/12 23:56

irisiomaru @matsukar ここで新しい収益方法を開拓しないのは、印刷業者や書店経営者の怠惰なのでしょう。デジカメ普及と現像屋生き残り等と同様。作家さんも電子出版での収益体制を築くのは大変ですが自力で行ってる方もおられるし。いかに環境変化に対して頭を絞るかで、明暗分かれそう。 at 01/13 00:00

irisiomaru 日本の古本屋、Amazonマーケットプレイスの検索等で、少数の古本屋は却って収益伸ばした処もあるでしょう。ロングテール部分の発掘が誰もに簡単にできるようになったので。(Amazonは配達料金差額のほうが業者利益になるのでしょうが) at 01/13 00:07

irisiomaru 「いかに人が今生きているのかと、いかに生きるべきなのかとの間には、非常に大きな隔たりがある。為すべきことを重んじるあまり、今為されていることを軽ずる者は、自らの存続より破滅を招く(君主論)」マキャベリ、善いこと云う。正に電力行政に必要な言葉。 at 01/13 00:16

irisiomaru RT、英国のNational Archive は、PDF化されているのは一部で、そうでない史料も膨大にある。原典を調べようとすると、遅くとも2週間以上前からのアポ取りが必要で時間かかるので、調査計画は綿密に。 at 01/13 05:09

irisiomaru 「技術への愛が尋常じゃないホンダのエンジニア達の名言」 http://t.co/DafInKny「他社の話なんて聞きたくない。なぜ自分たちがこうなりたいと、絶対価値を言えないのか」「1秒縮めるのにライダーに命を懸けさせるな。1秒を生むのは、お前たち技術屋の仕事だ」 …惚れる。 at 01/16 23:13

irisiomaru 「会津藩某其藩兵を以て請ひて榎本等を征討し前罪を償はんとの説を主張す。惟純曰会津藩元来尊王佐幕同心一体の人なり、今我藩兵を以て彼らを討たんとす、人情の忍ぶ能はざる所にあらずや」降伏後会津、自藩の罪を減じる為に、箱館の榎本討伐の為出兵させて欲しいと新政府に請う議論があったのか…。 at 01/16 23:22

irisiomaru 前言は会津藩士から幕臣に登用された林惟純の談。箱館にには会津遊撃隊はじめ会津藩士も多々いたわけだが。自藩の減罪を官軍に乞うのに、同士討ち、骨肉争いを自ら企てるとは呆れ果てる。惟純が議論を止めさせたので会津は後世に汚点を残さずすんだが。戊辰の会津礼賛には違和感が大きくなる一方。 at 01/16 23:32

irisiomaru @itaru_ohyama 徳川は、恭順しながら幕臣の脱走人を止められなかった、尻拭いする責任があるでしょうし。戦闘に至る前に脱走人を慰撫する役割を想定してたので、徳川の側からの追討は仕方ないと思えますけれども。会津は弁護する気が起きません…。 at 01/16 23:35

irisiomaru 国会図書館のデータベース発展が凄まじいことに。
http://t.co/oMAMGTn7
例えば科学技術分野。世界の1,000校以上大学大学院の1861年以降の博士修士論文2,300,000件以上の書誌情報とか。一つ一つの概要を見るだけで、膨大すぎる情報の集積に魂が抜ける。 at 01/19 10:50

irisiomaru 朝日・読売の明治創刊からの記事検索とか。物故者人名録とか。45万首国歌大観とか。米連邦議会資料全文DBとか。近代1195冊含む「日本近代文学館」も明治総合雑誌「太陽」含み、苦労してマイクロリーダー網羅し欠落分捜し歩いたのが何だったのかという充実具合。 at 01/19 10:56
posted by 入潮 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。