2011年12月31日

Twitter111223-111231


irisiomaru コンクリート圧縮試験の試供体、JISは円筒型、IS(インド規格、BS準拠)はキューブ型。円筒型とキューブ型で、同じ値kg/cm2数値でも実際の強度はISの方が小さいと知った。設計をJIS, 試験をISで行なっていると困ったことになる。JISとIS強度の換算はどうなるのかしら。 at 12/23 06:14
irisiomaru こういう基準の違いに悩むのは日本人だけなのだそうな。欧米人はどこにいても自分たちのスタンダードを押し通す。一方日本人は、現地の基準をできるだけ採用するから。そして、設計は国内で行なったりすると、この問題が顕著になる。国際開発学ではこうしたことは教えられているのだろうか。 at

12/23 06:21
irisiomaru 昨日本日明日も年末年始も通常業務です。現場で砂とゴミと悪臭の中、監理という名の戦闘…いえ皆様工期逼迫に休み無しで申し訳ありません。世間は色々あるようですが我々は我々の使命に邁進します。所詮前線の使い捨て鉄砲玉。人がましい生き方をしたいなど贅沢は申しません。…そろそろくじけそう。 at 12/24 15:37
irisiomaru そう、日本人の奥様に、ついた御餅をいただきました。今日夜中に、停電中の暗い部屋で、独りフライパンで焼いて醤油を掛けて食すのが、何よりの楽しみです。些細な幸せがあるのって素敵だなあ。 at 12/24 15:40
irisiomaru 超常現象のせいにしてしまえば逃げられるモルダーはいいなあ。いやそれで逃げないところが偉いのか。 @itaru_ohyama #モルダーあなた疲れてるのよ at 12/24 22:46
irisiomaru 日本酒と焼きほっけとおでんを想って生きます。希望をありがとうございます。@beads_amuse 帰国したらぜひ一献! at 12/24 22:50


irisiomaru 下RT。情報を与えられるとそれだけ脳は自分で処理しなくて良いから怠惰になる。TVより活字のほうが想像力、創造性は養われる。明治の方の文章表現力、豊かな感性は、ネットも映画もコピーも無い、書かれた書面だけが全ての世界でこそ培われたのだろう。 at 12/24 22:53

irisiomaru 非常用でこういうのが売れるようになったか。http://t.co/fyAX5Q0O 400W、21Ahは非力だが非常用だからか。系統に頼らずこうしたセットのみを用いて1ヶ月ぐらい生活し、所謂自然エネルギーの非力さを実感すると良いと思うの。なおカトマンズではこれが常態です。 at 12/26 20:04
irisiomaru 昨日はクリスマスの夜でしたか。日中の電気が来ず、宿のバッテリーが干上がり、真っ暗な中ネットも使えずTVも無くPC電池も尽き、布団に潜ってランタンでポメラ作業する、暗く寒く侘しい、いつも通りの夜でした。化石燃料って素晴らしいよね。人間らしい生活に必要だよね。 at 12/26 20:08

irisiomaru ンクリート圧縮試験の試供体の、シリンダー円筒型とキューブ型の違い。Euro Code2 (EN1992-1-1:2004)に比較表あり。キューブ型の強度をシリンダー型換算すると、0.8掛けか。これは、コンクリート強度が足りない案件が出そう。規格の違いはこういう問題に繋がる。 at 12/26 20:27


irisiomaru メモ:磠砂=塩安=塩化アンモニウム。硫安=硫酸アンモニウム。硫安は現在も良く使われるが。磠砂は、知らなければわからない。大鳥圭介メモにあり福沢諭吉も用いていた。 at 12/27 00:52
irisiomaru 「舎密局必携」より。曹達=ソーダ、沃度=ヨード、亜爾箇耳=アルコール、依的爾=エーテル、亜斯巴爾多=アスファルト、等。諦めずカタカナで表さなかったのが偉い。一方、「エラスチカゴム」など諦めてくれたほうが、我々にはわかりやすい。なお、舎密セーミ=chemie(蘭)=Chemi(英) at 12/27 01:00
irisiomaru この無理のある訳語、どこの民明書房 http://t.co/oPHMPKct かと思った。目の前に当該の物質が無いのによく書物だけで理解したものだ。本人たちは大真面目だったゆえにいっそう、習得の苦労が偲ばれる。洋学者第一世代達には何か超越した凄さを感じる。 at 12/27 01:13

irisiomaru ひょうごワイワイふるさと新発見 上郡と大鳥圭介 http://t.co/AcH0Qqg3「日本の近代化をリード」「明治時代に才能を開花、殖産興業で近代日本の礎を築いた」いきいき交流ふるさと館の圭介塾紹介、圭介を学ぶ子供達、塾長猪尾氏「圭介の考え方を自分の人生に反映してほしい」 at 12/28 04:21

irisiomaru それは水力(土木・機電)専門家への要求が大きすぎる気がします。安かろうの中国を押しのけ日本のプレゼンス示すのは、大変。 RT@adachihayao JICAがミャンマーとカンボジアで水力専門家募集,1年間の委嘱で公募,中国資本が席捲する中,どこまで日本のプレゼンスを示すか at 12/28 22:13
irisiomaru 水力に限らず。日本が行なったマスタープラン、フィージビィティスタディのどれだけを中国に持っていかれたか。苦労して調査設計した日本が影になり、事業実施の目立つ所でいつも中国に利益と資源ごと持っていかれる。そして、日本の強調する10年の計は、中国のもたらす明日のご飯に勝てない。 at 12/28 22:17


irisiomaru 僻地は多セクターのサービス集中が鍵ですね。地方電化でも課題です。BNBやBOBも夫々のCCへ人を派遣はできないでしょう。民→公への業務委託になるでしょうか。委託契約の雛形が大変そうですが、ぜひ頑張って下さい。@taktaktictac CCを銀行サービス代理店として提供できれば at 12/29 23:21

irisiomaru ブータン、太陽光・LED・キャパシタ/リチウム電池システムの追加実施が決まった。関心高く他のドナーからも見学したいという声がある由。ただ、歩いて何日もかかる僻地だからこその太陽光地方電化。そもそも簡単に見学できる場所は電線が延びる。良い事をしたいなら、それなりに苦労が必要。 at 12/29 23:29
irisiomaru 援助や国際協力は小規模では「金を払って良い事をさせてもらい、良い気分になって終わり」が多い。一つの村に寄付しても、それで国全体が良くはならぬ。リソースと時間が尽きれば終わり。他の村から嫉妬を招くことも。全体を底上げする効果あるインパクトを求めるなら、冷静な計画と規模の投入が必要。 at 12/29 23:36
irisiomaru 援助業界には、良い事をしたい人と、効果のあることをしたい人の二通りがいる。前者は少人数から感謝されその時は気持ち良いが、それで終わる。後者は重圧と責任ばかり背負い込み、直接感謝はされないまま黒子で終わるが、変化は与えられる。世界は後者の人々により前へ進んでいる。 at 12/29 23:42

irisiomaru 大鳥圭介、完売、だそうです。 あ、純米酒のほうです。それから、没後百年の次は、生誕百八十年だそうです。上郡には、行き着く所まで邁進してほしいと思います。 at 12/30 22:58

irisiomaru 毎度、歴史人物をドヤ顔で評価している方を見るたび「それを仰る貴方自身は、一体どれだけ歴史に影響を与え世界に貢献してこられたのですか? 」とお伺いしたくなる。人物評価は、当該人物のものに類する経験と知識のある人が行なわないと確たるものにならないと思う。 at 12/31 20:49
irisiomaru 例えば元タイなど全権大使の岡崎久彦氏は、陸奥宗光を非常に高く評価しその功績を細部に記述した。これはご係累というからだけではない。外交、国と国の利害対立の様々な難題に直面し、先人の道がいかに困難だったか身を以って体験し、過去から解答を得たことが多いからこそだろう。 at 12/31 20:50
irisiomaru 自ら苦難を経た有能な方ほど、簡単に人物を無能と決めつけはしない。逆に、自ら事に当たらず、リスクを取らず、重責を負ったことのないジャーナリストやライターほど、人を無能と罵る。人物が大きな事で失敗するからには、それなりの状況、事情、困難がある。それを思えば簡単に批判などできないのに。 at 12/31 20:55
irisiomaru その意味で、過去の偉人を罵倒する一部の歴史作家こそが無能だと感じる。何故わざわざ無能呼ばわりするのか不思議。反論できない人を貶める優越感が気持ちよく、それを読者も分かち合うと思っているのだろうか。貶め役が必要な文章など、単純な二元論で奥行きがないだけだけのように感じるが。 at 12/31 20:59
irisiomaru 人物を無能と嘲笑することは、自分自身の無能さを露呈しているのと等価だ。というわけで、そう言う私自身が最も無能です。「誰が正か誰が邪か、強いて弁ぜず。丹心千載、人の評に任ず」己の評価は、己自身のみ行なっていれば良い。この境地に至りたいもの。 at 12/31 21:07
irisiomaru 福沢諭吉瘠我慢之説への返答ですね。諭吉自身は偉大な文筆家ですが反面、無責任なライター。海舟は幕臣の未来を一身に負った偽悪者。その関係性は興味深いです。@itaru_ohyama 行蔵は我に存す、毀誉は他人の主張、我に与らず我に関せずと存候。(勝海舟)を思い浮かべました。
. at 12/31 21:14
irisiomaru …とか自分が二元論で単純な比較をやってしまった。 at 12/31 21:18

irisiomaru マルちゃんのまいたけスープが涙出るほど美味い。フリーズドライでダシは無論、まいたけの食感、みつばの香りまで再現。どんだけ熾烈な競争の果てに、この繊細な食品加工技術を発展させてきたのか。「売らせていただく」「買ってやる」文化にも程がある。そして恐ろしいのは、これで当たり前な日本人。 at 12/31 21:41

irisiomaru 名詞にシンボル化したイラストが小さく端に載せられ、それで一目で相手の得意分野がわかったものがありました。シンプルなほうが伝わるのだなーと思いました。今年もお疲れ様でした。ご家族方々、良いお年をお迎え下さい。@beads_amuse at 12/31 21:58


irisiomaru まだ2011年なので今の内。とにかく己の未熟さ、経験の薄さを痛感した1年でした。同時に公私共に前進した1年でもありました。上司、同僚、同じプロジェクトの方、カウンターパート、コントラクターの方々、皆様に助けていただきここまでやってこれてます。感謝するばかりです。 at 01/01 01:27


posted by 入潮 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。