2012年09月26日

Twitter 120824-120926


irisiomaru 第3回如楓会:2012年9月8日(土)〜9日(日) (オンライン)、「純米酒大鳥圭介を呑む会」(オフ) 9月15日(土) http://t.co/bqKOaiRc 大鳥圭介同人創作会です。ゲームや漫画などからでも、実際の大鳥さんにご関心ある方、是非ご参加ください。 at 08/27 22:52

irisiomaru 直前で時間があまり無くて、すみません。国内にいるうちにやれる事をやっておきたい。純米酒が腐る前に。 at 08/27 22:53

irisiomaru ぼっとりさん、ありがとうー! 皆様夫々色々とお忙しいでしょうけれども、それを押しても参加したいと言ってくださる方がいればいいな。@torisanbot 実際の俺に興味ある人は参加してみたらどうやろ? at 08/28 00:34


irisiomaru 学習院大学史料館紀要 南柯紀行序文 http://t.co/yf0I82qr
旧幕府版にも山崎版にもなかった、大鳥圭介自筆の南柯紀行序文から掲載。内容が面白すぎた。この男は、どこまでが本気でどこまでが計算なのか。全て本能なのなら、そちらの方が恐ろしい。 at 08/28 21:38


irisiomaru サムソン敗訴が騒がれているが。えぴせん他スナック菓子やアイスクリームの数々、ジュースに調味料等、韓国製のコピー商品が出回り、各国のスーパーを席巻して、韓国の外資を潤している。オリジナルを開発してきた日本の食品会社も集団訴訟していいと思う。 http://t.co/MzMu0glB at 08/29 12:50


irisiomaru 最悪を想定して事業計画を策定するのが鉄則だが。想定に想定の想定が重なると、最悪x最悪x最悪で、安全係数がとんでもないことになり、現実的なものにならない。どこかで思い切った楽観も必要か。結局やるやらないの判断は恣意的にならざるを得ない。責任を取るのは自分だ。 at 08/31 20:35

irisiomaru リスクの取り方に匙加減を入れて判断すること、取ってよいリスクを選択し可能な対応策を用意するのが、プロならではなのだろう。ネットはそんなやり方も勘も教えてくれない。自分で事業をハンドリングして初めて身につく。リスク管理云々を事業実施経験もない人から簡単に言われるのは苦く思う。 at 08/31 20:42


irisiomaru 国会図書館電子化済資料。先週と同じデータベース、同じキーワードで検索したはずなのに、1週間で項目が増えていた。リアルタイムで増殖中らしい。著作権の関係で館内閲覧のみ可(プリントアウトOK)の資料は、文字通り宝の山。 at 09/01 22:21


irisiomaru 「黒部の太陽」上映中と今知った。http://t.co/XxxilSR0 黒部ダム建設。原作は、関電も現場も、感動というより戦慄し通しだった。石原裕次郎が遺言で「大型スクリーンでしか見せないでほしい」と遺言し、44年ぶりの公開との由。明日見に行こう。 at 09/01 22:39

irisiomaru あと、「高熱隧道」も凄まじいです。「黒部の太陽」は黒部第四ダムですが、こちらは黒部第三ダムの灼熱のトンネル工事現場。インフラ建設現場とは、誇張無く、戦場以上の地獄。吾等の便利で安泰な生活は、その犠牲の上に成り立っている事実。
http://t.co/oRMWfhXl at 09/01 22:51


irisiomaru 第三回如楓会のお知らせ ブログ
http://t.co/mk4x2Jvn
もう今週の土日の話で、直前になってしまいましたが。大鳥圭介を好きな方、ご興味ある方、ご参加下さいますと嬉しいです。 at 09/04 20:50


irisiomaru 大鳥圭介生誕180年記念特別展「軍人の如楓 文人の如楓2」 http://t.co/T5gHpOa7 掛軸や扁額などの書蹟約50点を紹介。第1部(軍人編)10月20日〜11月4日、第2部(文人編)11月6日〜11月18日、11月20日〜12月2日(日曜日)。上郡町郷土資料館にて。 at 09/14 23:10

irisiomaru 上郡町記者発表 9月14日アニメ「けいすけじゃ」DVD完成
http://t.co/QvzDK7aC
「町内の方を対象に制作したDVDの貸出を行ないます」 町内。さすが上郡。もはや何がツボかを知っている…。 at 09/14 23:13

irisiomaru アニメけいすけじゃDVD, 「地区公民館、いきいき交流ふるさと館、近隣市町の図書館への寄贈を予定」 とあるので、生家資料館や上郡の近隣の公共図書館へいけば、視聴できるかと。もう上郡へ行くのが一番早い。 at 09/14 23:15

irisiomaru いっそ、宇都宮の関係者の方々で、偉人顕彰地域活性化活用モデル視察として、上郡へ表敬訪問されてはいかがでしょうか。@rekishiarukitai 上郡へ行かないとダメなんですかね・・ at 09/15 10:51


irisiomaru 第三回如楓会、「純米酒『大鳥圭介』を呑む会及び「けいすけじゃ」上映会、終了。楽しかった。酒に、語りに、画像に、気持ちよく酔いました。素晴らしいお酒とアニメを産んだ上郡町さんの熱意に乾杯。 at 09/16 02:54


irisiomaru 明後日から英国。ロンドン、グラスゴー、ニューカッスル、マンチェスター、リバプール、バーミンガムを9日で回ってきます。1872年大鳥ルートのほぼ逆周り。我ながら殺人的行程。好奇心がどこまで己の体力を搾り出せるか挑戦してきます。 at 09/16 02:58
irisiomaru お久しぶり。お元気そうで何より。@doi_ta at 09/16 20:08


irisiomaru 倫敦に到着せり。University Collage Londonにて大鳥のアトキンス氏に化学を学びし場を偲ぶ。本日宿その近傍にて、当時の往来保存さること有難し。夜、ライブハウスSpice of Lifeに知人の招待あり、日本青年音楽家の演奏を聞けり。その活力と場の一体感に驚く。 at 09/18 06:45
irisiomaru @ktosawa ありがとうございます。体力温存を優先させる為に、今回の旅は禁酒するという制約を課しました。物価が高いので遊び歩く予算もありませんが。二日目、大英図書館行ってきます。知は最高の銘酒なり。 at 09/18 15:16
irisiomaru そのニックネームは、「為すべきことをせよ!」と叩き付けられている気がしますな。しかし大英帝国、相変わらず物価が高い。
@doi_ta at 09/18 15:20

irisiomaru 残暑厳しい日本からだと気候は寒いぐらいで、コートを着ている人も多いですね。ロンドンの秋の短さを思います。あと、外壁が厚く内壁が薄い。@fu_sakura at 09/18 15:22


irisiomaru ゴールデンウィークとかゴールドウィンドとかも良いものですが、近年縁が全くありません。@rekishiarukitai GWといえばギガワットかグランドワイヤーですが、ガンダムウィングではありません at 09/18 15:23


irisiomaru ご自宅で薔薇栽培とは優雅でうらやましい。すでにこちら結構寒くて、外が辛いです。今回、大英博物館は対象外でして、英国自身より、英国から見た日本の姿を見ています。@ak_hr at 09/19 04:08

irisiomaru ティールームは普通のカフェで、紅茶はティーバッグであまり味がわかりませんでした…。大英図書館は不完全燃焼気味。来週もう一度リベンジしようと思っています。残念な手前の舌と頭でしたが。ロンドン大で収穫大でした。@ktosawa at 09/19 04:14


irisiomaru 夜行バスにてグラスゴーに着けり。眠し。車両は無線あり電力供給あり小型寝台あり頗る快適なり。青き空に聳える古き石の尖塔の数々に荘厳の念を覚ゆ。 これより大学に赴き、当地に学びし山尾殿志田高峰両博士の跡を追うなり。 at 09/19 16:20

irisiomaru 昨日倫敦大、十九世紀資料の電子化進みその功績顕著なり。彼の研究進歩への熱意甚大なり。大英図書館は登録に難儀、制度理解に難儀、これ公の民への障壁に見へていやはや難解にて候。 at 09/19 16:24

irisiomaru 19:30 頃までまだ明るくて助かります。これからどんどん短くなるかと。ゴシック建築の数々で、車やアスファルトがなければタイムトリップした錯覚に見舞われます。大学もゆったり良い環境でした。@ktosawa at 09/20 03:24


irisiomaru その言葉は、安政大地震の際、家が潰れ周りが火に包まれた際の言葉ですね。確かにその場を乗り切るひと時の感情だったのでしょう。その地獄の様な中で周りを元気付ける為に出された強がりの言葉でもあります。@gleshirt 怖いものがないなんてひとときの感情です。 at 09/21 04:27


irisiomaru 4日目Glasgow。1日氷雨、晩秋の感あり。高峰志田高山の同居せし跡を訪ぬ。高校となれりが当時の建物亦偲ぶ可なり。Kelvingrove Museum収集物の広範、多岐に亘るに驚く。当地はケルビン卿の名を冠す道路橋建物碑多し、卿の功績思えば街の愛着も尤もなり。 at 09/21 04:44

irisiomaru 郊外列車にてMuseum Resource Centerへ赴き、志田夫妻蝋人形を見る。志田氏死後ケルビン卿に贈られる逸品なり。この館17の倉庫に、各博物館に展示しきれぬ百万以上の品を収蔵す。無数の武具車船絵画の価値至大にして図り難し。グラスゴー大聖堂、扶桑の光の如く荘厳極まれり。 at 09/21 04:50


irisiomaru 道中、久米邦武の米欧回覧実記を読んでいるが。己の語彙の寂しさが悲しくなる。近代化学物理の基礎知識が限られる中、全力で見聞した技術を理解しようとする久米の姿勢が素晴らしい。蒸気機関の記述も、当時まだ熱は粒子だと思われていたのね。 at 09/21 04:55

irisiomaru 英国周遊 1日目 http://t.co/8qUdBAfH … 英国周遊 2日目 http://t.co/OLCBmYUh … UCLがブラボー過ぎた。 at 09/21 06:05


irisiomaru 昨日エジンバラ大学、博物館、城、クイーンズドライブ見物す。先程エジンバラよりニューカッスル着。町並みは落ち着きあり。これよりタイン川の橋を見、アームストロング工場関係を訪ねる。 at 09/22 19:42

irisiomaru ニューカッスル、ディスカバリー博物館にて当地発展におけるアルムスツロングの功績大なるを知る。大鳥や木戸久米ら遣欧使節団の訪れしArmstrong Worksは現在もTyne川沿いElswickにて操業中なり。裏に戦車あり。其の壯なるを外より見る。 at 09/23 04:20


irisiomaru アームストロング施条砲はそれまでの滑空砲の54倍の正確さ、4.5kmの射程で革新的だった。ウィリアム・アームストロングはこの製造を以ってSirの称号を得る。上野彰義隊を壊滅させたのは有名。しかしこれを大鳥圭介が藤原の戦いで、地形の利ありといえ三百対八百の寡兵で破ったのは凄い。 at 09/23 04:24

irisiomaru 藤原の戦い。http://t.co/slafbGzy
これで旧幕軍は藤原不落と恐怖を新政府に植え付け2ヶ月以上の膠着を為したのだが。何故この戦闘が戊辰戦争で注目されないのか不思議だ。単に、司馬像の流れを汲むライターの方々に都合悪いから、だったら悲しい。 at 09/23 04:26


irisiomaru おー、羨ましい。日本のマンガの開祖の一人ですな。英国でも本屋に英語化された人気漫画が本棚に並び、Manga人気の根強さを感じてます。@yamakasi1102 手塚治虫記念館に来ています at 09/23 15:36


irisiomaru 作為ではないが、関心すらないという更に哀しい事実。知恵山川ら会津の人気者も活躍している戦いなのに。後確かに新政府にとって佐賀・宇都宮主体、しかも敗北というのは記録の筆は進まないですね。@tukaohtsu 佐幕ファンは新撰組と会津藩が絡まないと興味を持ちません at 09/23 15:46


irisiomaru Liverpool、Alvert Dockに在り。十九世紀船模型を楽しむ。大鳥見学せしTate砂糖精製局の創設者によるTateギャラリーを見る。使節団や大鳥ら百以上の工場を訪れるも現在も残るは稀なり。人も会社も皆、栄枯盛衰を免れず。現在海事博物館にてこの国の関税の重きを実感す。 at 09/25 00:00


irisiomaru 英国周遊3日目その1 http://t.co/0cksDAcl グラスゴー大学アーカイブ。山尾や工部大学校生について、収穫たくさん。 at 09/25 00:15


irisiomaru そこは部下の伝習隊浅田が「大鳥氏、兵馬の権を握て之を止ること能わざるは、此時軍費及び糧餉輜重悉く会津より送る所にして、又幕人の指揮に及び難き事有り。是れ脱籍浪徒の眞に歎する所也。後世、みだりに拙策と云ふなかれ」と記しています。@baron_yamaneko at 09/25 14:33

irisiomaru 敗戦を自らの責に帰す者が、後世戦下手評価で、敗戦を他人のせいにして勝利は自分の功と喧伝する者が、後世戦上手とされるのは、切ないなあ。板垣が天才評価なのは、確かに能力も秀でていたろうが、彼が自分で戦勝自慢しすぎていたことも一因にあるのではないかと思ったりする。 at 09/25 14:37

irisiomaru 大鳥を追って気づく事は、同じ実戦参加者でも大鳥を見限る者と弁護する者がいて、表面の結果や本人の謙遜からレッテルを貼る者と、ものすごく評価する者の、毀誉褒貶の差がありすぎるとことだ。見限ったのは、人の下につけない性格の沼間だが。真実を見極める目をいつも試されている気がする。 at 09/25 14:45

irisiomaru 大鳥の戦下手無能評も、板垣の自慢や沼間信奉者による伝記や、藤原の酷い条件の滞在での凌霜隊矢野氏の「因循固陋」や、根拠らしい根拠はちゃんとある。ただ当時〜日清後は、新聞も論評も味方評も敵評も大鳥絶賛評が多いのも事実。前者ばかり論われ後者がスルーされるのは、公平ではない。 at 09/25 14:56


irisiomaru リバプールAdelphi Hotelに泊。ステンション隣にて19cより操業、天井高く色合い良し、但し壁薄く温水供給ポムプの音に難儀す。是よりバーミンガムへ向ふ。大鳥訪問の工場は未だ場所不明にてまずは図書館に篭りたし。 at 09/25 15:11

irisiomaru 周遊最終地バーミンガム。本日雨冷たく風強く肌を刺す。Museumにて大鳥二回訪問セ氏Elkinton社のめっき金銀製品を見る。灯台・硝子工場なるチャンスの場所判明、郊外Spon Ln Sなり。しかし雨激しく断念。明日早朝倫敦へ戻り其侭帰国便なり。天気懸念。 at 09/26 01:01


irisiomaru 明日短時間ですが、大英図書館にリベンジします。あらかじめ閲覧申し込みもした。この資料は見といたほうがいいよ、というのがありましたら、ご教示頂けますと嬉しいです。 at 09/26 01:07


irisiomaru 本日バーミンガムより倫敦ユーストン駅に戻る。銀行博物館、陸軍博物館の資料多さに恍惚とし、再度大英図書館に至る。時間不足調査不足あるも、概ね成果は満足なり。これ今後の入り口にして今後の糧なり。是にて全ての工程を終え、帰国の途、ヒューストン空港へ向う。 at 09/27 01:12


irisiomaru 英国3日目 グラスゴー1日目その2
http://t.co/tguBpojl
英国4日目 グラスゴー2日目 http://t.co/GERG6Odl
ケルビン卿と志田林三郎が熱かった。後から山尾の働いたネピア造船所の場所を間違えていたことが判ったのが痛恨。 at 09/27 01:27

posted by 入潮 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。