2012年10月03日

英国周遊5日目 エディンバラ その1

5日目 9月21日 エディンバラ Edinburgh 晴れ

大鳥は、明治5年9月5日〜9月15日に滞在。Royal British Hotel泊、MuseumにてArcher教授の案内で製品模型を見学、化学の質問をする。Castel(エジンバラ城)、劇場、Carvain製紙局、Whisky製造処、India Rubber Work, North British Rubber Company,へ行く。日曜日に伊藤、林、フランドンと共にQueen's Driveと海岸を遊行、Linseed Oil、MayfieldのBlackfield House、Book Letter Thin, 大学、Museum、J.Nelson&Sons書籍刊行場、Young Palaffine製造場を見学した。10日間の滞在、英国滞在の中でもひときわ盛り沢山の行程だった。

● グラスゴー→ エディンバラ列車

・ グラスゴーセントラル駅より。CrossCountry社の列車使用。PC用パワーサプライあり、有料ながらWifiあり(1時間2£、2時間2.5£ほか、長時間セットも) と、良いサービス。

・ ネットで予約時に、進行方向の座席かどうか、静かな席かどうか、テーブル席かどうかを指定できる。予約時に用いたクレジットカードを、駅の券売機にいれ、ネットで予約した際の予約番号を券売機のタッチパネルで入力すると、チケットが入手できるというシステム。

・ グラスゴーからエディンバラまでは約1時間。エジンバラはハイマーケット駅と中心のウェイバリー駅が二つあり、グラスゴーからは先にハイマーケット駅に着く。降りてしまいそうになるので注意。なお、ハイマーケット駅近くにB&Bがたくさんある。ウェイバリー駅周辺は高く混んでいるので、ハイマーケット駅近辺に宿を取るのもひとつ。

・ 途中、羊や牛の広大な農場を走り、牧歌的な風景。

P1020101.jpg
CrossCountryの車両。

P1020106.jpg
車窓から、途中に見えた風力発電。恐らくWhitelee Windfarm。http://www.whiteleewindfarm.co.uk/ 2.3MW風車x16機 = 37MW と、ウィンドファームとしてはまずまずの規模。


● エディンバラ 町並み

・ ドラクエ3の城の名前(エジンベア)の語源にもなった。期待を裏切らない、中世〜近世の町並みが圧巻。田舎者の観光客は大切な収入源の街なので、「いなかものはかえれかえれ!」とは言われない。

・ 1707年にイングランド王国とスコットランド王国が合併。それまでスコットランド王国の首都だった。

・ 城があるだけ、街は坂が多く立体的。地図では交差している通りにすぐに曲がれず、延々遠回りしなければならなかったりする。荷物多い時はあらかじめ詳細地図で検討しておくほうがいい。

・ やや猥雑な感あり。道路の歩道、特に脇道は清掃が行き届いておらず、異臭のするところも。

・ スコットランドの首都。アイデンティティのタータンチェックアイテムにあふれている。

・有名観光地だけあり、ハイシーズンはホテルが高価で混み合う。早目に予約しないと苦労する。

P1020116.jpg
駅南側から、上の通り(North/South Bridge St)に出るための階段。

P1020258.jpg
町並みはまさに日本人のイメージする中世欧州。


● エディンバラ大学

・ Old Universityと称されるだけあり、設立は1583年。現在の建物は、1789年に建築家Robert Adamが設計し、1816年にWilliam Playfairが引継いだが、資金不足でしばらく設計通りには完成しなかった。ドームが追加されたのはかなり後になってから。なお、19世紀末に医学部など収容するNew College が建設されている。

・ ダーウィンやアダム・スミス、マクスウェル(電磁波)、ベル(電話)、コナン・ドイル(小説家)ら各分野の著名人を輩出した。アメリカやカナダの様々な大学・学部のモデルとされた。この大学自体が一つの歴史。

・ 大学内に Talbot Rice Gallery がある。 現代美術アートを展示している。

- 触手にしか見えない木のような物体とか、政治家の頭をつけた犬猫とか。どうも何が芸術なのか理解しがたい。

- ほか、Sir James Erskine of Torrie (1772-1825) によるTorrie Collectionもある。 作者不明な、19世紀より以前のスコットランドの風景画で見事なものも多い。

・ エジンバラ国立博物館とは、かつて同じ敷地内だった。大鳥も木戸も訪れている。

P1020122.jpg
エジンバラ大学

P1020132.jpg
触手にしか見えない現代アート。


● エディンバラ国立博物館

・ エジンバラ大学のすぐ隣。大鳥も木戸も訪問した。彼らを案内したり、後の工場見学のための紹介状を書いてくれたアーチャー教授は、ここの館長だった由。

・福本龍先生の「大鳥圭介の英・米産業視察日記」(以降、「産業視察日記」と称す)では「Royal Scotish Museumと考えられる」とあるが、現在は National Museum of Scotland という名称。

・ 内部の展示は、Science と Scotland の歴史に大きく分かれる。

・Scienceは他の博物館とあまり変わらないが、規模が大きく広範で楽しめる。チベットの鎧や、アシカの腸から作ったイヌイットの防水服、アイヌモシリの装束用具まで、巨大恐竜化石、望遠鏡など。

・ スコットランド史関係の展示物はこの博物館が最も豊富かと。特に19世紀の世界をリードした産業技術の説明・展示が豊富。

・ 1870年代のテレグラフあり。大鳥や使節団はこれらを使って電信したのかと思うと感慨深い。余談ながら、エディンバラ出身のグラハム・ベルが電話を実証したのは1876年2月14日で、彼らの英国滞在の4年後。

・ 各年代の船模型あり。1861年のBarque, Star of Indiaは船首から船尾まで帆マスト式だったが、1873年のJames Aitken製造の模型では模型式帆装、蒸気機関積載 (Screw Steamer Consolation)になっている。この短期間における変遷の大きさを物語る。

・ ほか、蒸気機関車、ウィスキー醸造、灯台、製紙(スコットランドの製紙工場一覧なども)、印刷、パラフィンなど。

・ 大鳥が9月15日に訪問し詳細なメモを残したYoung Palafine製造場は、"Bennie Museum, Bathgate" が詳細な展示を有しているとの旨、展示に説明あり。

・ スコットランドの誇るケルビン卿の展示も、用いた器具の電圧計、検流計、ストップウォッチ、マイクロスコープ、や授業風景など、豊富。

・ 図書室が併設されている。英国の博物館、美術館には大体図書室があり、キュレータの方が参照し展示内容を説明するための文献が収蔵されている。歴史、アートについて専門的な内容が多い。ほとんどどの場合、一般人も利用できる。調査目的の場合、展示そのものより得るものが多い。興味のある展示物の内容につき、詳細を補完するのも可。

・図書室はグラスゴーはじめスコットランドの歴史の古い文献が豊富で、開架で参照できる。Annodom による "Old Glasgow 1894" が、当時のグラスゴーのエッチング画を豊富に蓄えていて大変よい資料。

P1020147.jpg
エディンバラ国立博物館内部。建物、壁、柱一つ一つが麗しい。

P1020149.jpg
柱時計の装飾。虫がリアルすぎて気持ち悪い。

P1020161.jpg
恐竜に象に猛獣に。見た目のインパクトも練られている。

P1020212.jpg
スコッチウィスキーの蒸留槽。大鳥もWiskey製造場を見学した。

P1020214.jpg
灯台の模型。

P1020215.jpg
灯台の硝子光源部。大鳥はマンチェスターのChanceで見学し、詳細に記録している。

P1020219.jpg
19世紀製紙場のリスト。残念ながら大鳥がアーチャー教授と共に訪問したCarvain製紙局はリストに見当たらず。

P1020170.jpg
1870年代のテレグラフ。大鳥や使節団はこれを用いて本国と通信した。

P1020227.jpg
パラフィンキャンドルの型枠。

P1020230.JPG
大鳥の訪問した Young Paraffin についての説明書きのある展示。博物館は常に全ての収蔵品を展示しているわけではなく、多くは別の館に貸し出したり、倉庫に眠らせたりしている。

P1020241.jpg
ケルビン卿の電圧計

P1020184.jpg
1850年代の帆船。

P1020184.jpg
1870年代の帆・蒸気機関併用船。この時期の帆船からの劇的な移り変わりが良くわかる。

P1020206.jpg
更紗のプリント型枠。大鳥はマンチェスターで更紗プリント工場を見学した。

P1020189.jpg
図書室のグラスゴー産業関係文献。岩倉遣欧使節団や大鳥らが滞在した1872年ごろの資料も豊富。


● エディンバラ中央図書館 Central Library

・ 建物が重厚で壮麗。この中で本を読み日がな一日過ごせるエディンバラ市民よ。

・図書館は1689年に設立という歴史の重さ。図書館の経歴について展示あり。

P1020253.jpg
外観。圧倒される建築物。以下に図書館という地の集積に重きが置かれているか判る。

P1020257.jpg
ティールームとショップ。休憩に丁度よく、良い時間が過ごせる。
ラベル:英国周遊
posted by 入潮 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 幕末明治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。