2012年11月18日

Twitter 121105-121118


irisiomaru 同僚に教えてもらった。ケニア電力会社KenGenが地熱発電にスパリゾート開発で観光強化。
http://t.co/ScpENpRI こういう開発は良い。30-35℃と泉温は低めだが直径70mのプールは凄い。ケニアは今後水力地熱が主力。水力・地熱はグリッドのベースになれる電源。 at 11/05 01:30

irisiomaru http://t.co/YTCqXDfR
「中国人旅行客は平均的な海外旅行客より2,000ドル以上多い約6,000ドルを1回の旅行で費やす」凄いな中国人経済力。私生涯の贅沢と思った9日間英国でも、航空運賃、宿代、交通費、食費、資料費全部入れて20万円で釣りが出た程度だったのに。 at 11/05 01:35

irisiomaru 思わず歓声。信州大、大容量ハイブリッドキャパシタの開発成功
http://t.co/Ck1z6TXP
セル電圧4.3 Vで114 Wh/kg、セル電圧3.8Vで544 Wh/kg。これLi電池、キャパシタ双方のブレイクスルーになる。量産化実用化に期待大。久しぶりにワクワクした。 at 11/05 23:55

irisiomaru COP18、ドーハか。経団連の提言はいい感じ。http://t.co/uwEnif3z 二国間オフセット枠組みは進めてほしい。インバータエアコン・冷蔵庫など日本の省エネ家電を途上国に広める枠組みができればそれが一番効果高いと思うが。 at 11/06 00:32

irisiomaru 郷土史を学ぶ意味は、いかに先祖をネタに商売できるかにあるのかね。過ちは繰り返さないために、功績はそれを超える人材になるために、学ぶものだと思っているが。どうも会津は、誇りと恥を取り違えている気がする。 at 11/07 00:11

irisiomaru スマトラ震災の際、凄惨な津波の被害者ご遺体の画像や写真をVideo-CDに収め、被害調査や復旧計画に入ったNGOや開発コンサルタントに売って生計にしている地元の方がいた。同じ被害に遭遇した方が生きていくために死者を売りものにするのは、ありだと思う。 at 11/07 00:15

irisiomaru とてつもない情報知識を分析して国益ある方向へ舵取りをしてくれる官僚さん。災害だらけの国土に生命生活を守る為世界有数の技術を注ぐゼネコンさん。エネルギーの無い国で資源を確保し安定電力を提供してくれる電力会社さん。彼らが優秀でなければ、災害に怯え雇用無く動力なく暗黒貧乏の日々のはず。 at 11/07 00:23

irisiomaru しかし利権陰謀云々で、メディアや市民により名誉を傷つけられる日々。彼らに感謝もなく、安易に悪者設定して正義ぶって攻撃するだけでは、国を考え日々精励する彼らもいい加減嫌になる。すでに優秀な人材が嫌になって他業種・他国に流れている。 at 11/07 00:25

irisiomaru 他国と歴史を見れば、地震豪雨大災害頻発で平野少なく流域小さく軟弱地盤の日本という国が、どれだけ奇跡的な事業の数々を為しえて今の姿になったかを実感する。為しすぎて安全とインフラがあって当たり前になってしまっていた。原発事故や震災復興を通じてその辺りを見直す方が増えたのは良い事。 at 11/07 00:39

irisiomaru 初めての国際調達・施工監理の際、先輩に「契約書は百回読め。覚えろ」と言われた。そのアドバイスは金科玉条になった。小学生のとき暗記した国語の教科書部分が今の自分の国語力の基礎であるのと同じ。初めて覚えた契約書は、今の仕事の交渉、判断、管理の基礎になっている。 at 11/08 02:23

irisiomaru 仕様書通りに物を作らせる監理は、毎日が戦闘のようなもの。武器は契約書。いかに有利に文言を解釈し業者をコントロールし、質のよい作業をしてもらうか。契約書仕様書作成作業は、だからこそ非常に神経を使う。 at 11/08 02:33

irisiomaru 日本企業は信頼できるが。途上国ローカル業者は仕様書通りに仕事しない、手を抜く、見かけで誤魔化す、安全に問題あり、品質が悪い、性能が足りない、契約満たしてないのに金払いばかり要求する…等が頻発する。だから施工監理が必要。 at 11/08 02:45

irisiomaru 現代守秘義務内容集。 #言うだけタダだから出したい同人誌を呟いてみる 世の中本当に役立つこと、教訓とすべきことは、大体守秘義務が課せられた中身にある。これを世に出す事が許されるのに二世代分ぐらい時間がかかる。逆に守秘義務項目が世に出ているから、歴史には学べる事が多い。 at 11/09 02:01

irisiomaru 「韓国原発で亀裂6か所、電力供給危機の可能性」 http://t.co/AgCbUlDa … … 以前も、電源喪失(災害なしの常態で)事故があったが。品質証明書偽造の部品を大量使用とは。こういう原発群がすぐ我が国の近くにあれば、国内でだけ脱原発してもあまり意味がない。 at 11/10 22:09

irisiomaru ソファで寝てたらボコボコに蚊に噛まれた。気が緩んでた。標高が高く気温低めだから、マラリアは大丈夫だと思いたい。キスムやモンバサでは危ないが。スーパーではベープマットが売られてる。高いが、コピー商品蚊取り線香と競争してる。日本の防蚊技術は高く、需要も高い。 at 11/11 11:18

irisiomaru フマキラーの創業は明治23年で創業から122年。インドネシア、インド、メキシコ、マレーシアなどに子会社、出資会社を持つ。老舗で世界の人々の命を守るグローバル企業。大正期はビール瓶にストロー状の噴霧器をつけ、息を吹き込んで殺虫液を散布してた由。 at 11/11 11:24

irisiomaru 文章を書くのは難しい。メール、議事録、報告書、マニュアル、企画書、提案書と日々書いているが。未だに必要最小限、誰が読んでも同じ理解になる簡潔な文章は、中々書けない。全て説明すれば良いというものではない。伝えるべき点は何か。簡潔な文章程、削ぎ落としと要点抽出の為の時間がかかる。 at 11/11 11:33

irisiomaru 読み手の知識背景がどこまであり、どの根拠を出し、何を説明すれば、こちらの意図が伝わり理解してもらえるか。読み手の身になりまず自分の知識を一旦忘れて考える必要がある。これが難しい。Twitterは字数制限の中で如何に要点を伝えるか。いいトレーニングツールではある。 at 11/11 11:36

irisiomaru 「相手に気づかれずに、相手の自分に対するフォローを外す方法」http://t.co/0I2tlZJg
需要は結構多そうだ。 at 11/14 23:49

irisiomaru 現在見られる「自然」の「不自然さ」についてhttp://t.co/pi0IhzsW
「エコ運動家が理想化しがちな生態系そのものが人工的」「稲作くらい自然から遠い農業は少ない」「山林も近世以降の植樹で作られたのが多い」等、面白い議論。人間が快適なように手を加えた自然を「自然」という at 11/14 23:56

irisiomaru 日本の通貨は世界一ィィ!という話。http://t.co/4kCx2m06 「世界有数」というのは謙遜でしょう。40数カ国赴いた中、日本のお札以上のクオリティのものは見たことがない。 at 11/15 00:33

irisiomaru 「財務省と造幣局、海外の一般貨幣受注 戦後初」 http://t.co/5HoGP1Me むしろ今まで受注していなかったのが驚き。お札はインドルピーなど民間ベースでいくつか例があったかと。 at 11/15 00:37

irisiomaru http://t.co/tfBcQoqr ケニア北西部のBaragoiで、牛盗難対処中の警官42名が、手榴弾などで盗賊に襲われ死亡。対し軍を派遣。牛を巡り争い牛の為に人が死ぬ。牛が財産そのものであるから。この人的被害の大きさは内乱規模だ。これでまたサイト調査が難しくなった。 at 11/15 01:16

irisiomaru 「史実」という語は1)「歴史上の事実」、2) histrical evidence=「証明できる事実」の意味。本来、2)を経て1)になる。しかし1)の用法から、単に版権作品・創作から漠然と事実を区別する用語として現在多用されている。これに少々違和感があるのは何故かと思っていた。 at 11/16 01:27

irisiomaru http://t.co/kW1vaZCP を見て納得。
「専門家は普通の人の何千何百倍の労力を確かめ(=証明)の作業に費やしている」「史実性の根拠は確かめに費やされた労力にある」より。自分で一次文献の証明の労力を割かずに史実という言葉を用いる抵抗感が、違和感の正体かと。 at 11/16 01:30

irisiomaru 自分で証明の労力を費やすほど「史実」という言葉の重みが増す。専門の方はこの用語を証明を迫られる覚悟と共に用いる。そうした専門家の文章を読む側もこの重みを無意識に受け取る。よって「史実」という言葉を多用されると、むしろ史実を求める労力から遠い方、という感を受けてしまう。 at 11/16 01:32

irisiomaru メディアの多様化によって、言葉の用法も多様化しているので、違和感なく受け止めるべきなのだろうとは思う。この変遷についていけない者の常套句が「近頃の若いもんは」。これを言い出すと精神が本当に老いる。心だけでも若々しく柔軟でありたいもの。 at 11/16 01:38

irisiomaru 「俺が家事をするから…」前編http://t.co/7V07L3kg 後編http://t.co/QzUuIKze
後味最悪注意。家事云々や甘えより問題は更に根深い。自己愛かまってアピール母親求めされる事と、愛される事はまるで違う。これを勘違いするとこの嫁様と同じ不幸が訪れる。 at 11/17 00:32

irisiomaru 嘘付きより「結果的に嘘をついた状態なのに自分勝手な理屈をつけ、嘘ではないことにし嘘はついていないと信じている」人間のほうがよほど厄介。騙した罪悪感もなく、自分の善性を信じているから説得不可。損害は黙って飲んで物理的に離れるしかない。 at 11/17 00:34

irisiomaru 「ペリーが驚愕した日本の技術」http://t.co/5gYv8pZV ペリーは三隻の船で三角点測量を実施。測量結果と、伊能忠敬地図がまったく同じで、日本の技術レベルの高さに驚く。「これがペリーが日本と戦端を開かなかったり理由」とあるが、一因であれ理由は他にもあるだろうが。 at 11/17 21:36

irisiomaru 地図は、人口や生産物など統計資料と共に、他国に赴いた人間がまず求める物。伊能忠敬だけでなく日本人は測量得意だった。間宮林蔵「北蝦夷島図」と「蝦夷全図」、松浦武四郎の蝦夷内陸陸地図など、分水嶺も示した独自の手法を発達させていた。国境安定と国内移動に昔から力を注いでいたのがわかる。 at 11/17 21:41

irisiomaru 国の成り立ちは周辺国との関係性の影響が非常に大きい。実際に自分で地図を書いてみると実感できる。例えばインドのシッキムやアルナチャルプラデシュ、バングラデシュとの間など、国境紛争の果てに現在の複雑怪奇な状態になったのがわかる。海に囲まれた日本は僥倖と言われるが、やはり苦労した。 at 11/17 21:44

irisiomaru 伊能忠敬「日本国地理測量之図」 http://t.co/ZkABPPyk 間宮林蔵 「北蝦夷島地図」http://t.co/PmyUwY0O 共に国立公文書館デジタルアーカイブで参照可能。公文書館本当いい仕事して下さる。自分がペリーでもこれ見たら、日本侮るべからず!と喝目する。 at 11/17 22:00

irisiomaru 既に作成された地図と統計資料の整備具合が、如実に国力を現す。10年前は、ミャンマーで戦時中に英国が測量した1/5万地形図しかなく、調査で苦労した。今はいい地図があると思し、なければALOS画像から作ればいいが。地図を援助なく自国だけでは作成できない国は、未だかなりあるだろう。 at 11/17 22:04

irisiomaru センサスなど統計資料は、国が国民一人一人を把握する能力があるかも示す。やはり人口すら推定値の国は結構ある。逆に1881年英国で、グラスゴーの日本人留学生のアパートの人員、召使の名前・年齢・結婚状態まで記録されていた。大英帝国の国力だと思った。 at 11/18 03:27

irisiomaru 日本は律令時代から班田収受のための条里(水田区画)を全国統一し実施した、官道として幅員9-12mもある七道を整備した、など凄まじい規模の土木事業を実施してきた。限られた平野、旱魃と洪水、頻繁に流路が変わるあばれ川と共に生きてきた。古来から地図測量の重要性は高く、素養が培われた。 at 11/18 03:41

irisiomaru 関東平野が今あり、東京が首都機能を果たしているのは、河川の流路を固定するのに途方もない労力を費やした先人の偉業のおかげ。出水で流路変われば土地利用できなくなる。現在の日々は、江戸時代初期から明治にかけて、荒川、江戸川、利根川の河川改修を行い堤防を築き水門構築してきた賜物。 at 11/18 03:48


posted by 入潮 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302342161
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。